おらいの山は隠れてたけど

今日はエコプロ隊のおまけ(車をまわすお手伝い)で母狩山~金峰山
の縦走。
f0118332_22302.jpg

途中の鎧ヶ峰からは月山がよーく見えるはずだったが、雲に包まれ、裾
しか見えず・・・でも白いねぇ、おらいの山は。
f0118332_21541894.jpg
f0118332_21542652.jpg

足元にはいろいろな花が。しっかし、ここのカタクリは型が大きい。
不気味なくらいに大きい。葉も斑点が全くない。
f0118332_21564210.jpg

もうシラネアオイも咲いていた。イワウチワとカタクリは最盛期をや
や過ぎつつあったが、オオバキスミレ、タチツボスミレ、ムラサキヤシ
オツツジ、ハウチワカエデ、イタヤカエデと、一年ぶりの春の花たちに
たくさん会えた。
f0118332_2214141.jpg

今年初めてのヤマアカガエルくん。
f0118332_2224448.jpg

新緑の森は色とりどり。薄黄緑、緑、オレンジ、赤。水の張られた
田もきれいだ。庄内平野が一望。
縦走というからには、登って降りておしまいではなく、登って降りて、
登って降りて、降りて、降りて、登って、降りて、みたいな感じ(笑)
登りはよいが、赤土の急斜面の下りは滑りやすく、下りが苦手な人は
大緊張。でも、ついついその真剣なあまりにもれ出る声がおかしくて
壊れてしまい、笑いがとまらなくなった。
f0118332_22114432.jpg

鎧ヶ峰から見る金峰。母狩から鎧ヶ峰まではほとんど人に会わなかっ
たが、金峰に向かうとぽつぽつと登山者が。イシさんとばったり会っ
てお互いびっくり。
f0118332_2217347.jpg

なんだかもののけが出そうな奥の院に到着。終点の中の院までは
あとわずか・・・だけれど、最後まで油断は禁物。道にきれいに敷い
てある丸い石が滑るどー!と最後にまた、軽くひゃーひゃー言いなが
ら中の院に到着。ここにデポしてあったおいらの車に隊長だけ乗せて、
みんなが乗る車を母狩登山口に回収に行き、また金峰に戻って全員で
温泉に寄って、産直でソフトクリーム食べて、月山口に戻って解散。
温泉効果か、おいらは月山口に向かうときに睡魔に襲われ、かなり
危険な状態であったので、解散後一人残って車で10分ほど仮眠。まだ
眠気が取りきれなかったので、カニヤの乾パンを一枚かじったら覚醒
して無事に帰りついた。
Commented by E子 at 2010-05-18 09:05 x
お嬢が、カタクリの下の赤コゴミがおいしそう!と言ってたけど、何の事? で、確かにおいしそう、そしておいしかった。
Commented by akanezumi1984 at 2010-05-18 21:29
E子さま、赤コゴミも知らずに採っていておいしく食べたということ?青々していたやつらも赤コゴミだったということ?
Rちゃんほど一緒にいないから、E語は時々よくわかりません。
Commented by akanezumi1984 at 2010-05-20 11:02
E子様、その後の補足メールでわかったような、さらにわからな
いような(笑)
公式コゴミ採りタイムの時には採らずに、その後歩き始めてから
ちまちまアカコゴミばかり採っていたというところでしょうか?
最初にみんなが採っていたのは普通のコゴミでしたからね。
by akanezumi1984 | 2010-05-15 22:31 | ほかの山 | Comments(3)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31