違う角度から

いつもは単独か、数人でしか歩かないけれど、珍しく団体行動の一日。
エコ〇ロの品倉山ツアーに参加してみました。
湯殿山ほてるから出発。
f0118332_2217426.jpg

曇りスタート。平らな雪原は幻想的ともいえる。目的地はガスで半分
見えない。
f0118332_22124747.jpg
f0118332_2212579.jpg
f0118332_2213580.jpg

スノーブリッジはかろうじてつながっていたけれど、絶対無理!な
状態で、鉄の橋の前後の雪壁をスコップで歩きやすくして安全に渡り
ました。一見こわそうだけれど、鉄板が二枚だから安定性抜群。
f0118332_22183356.jpg

暗かったので色がわかりにくいですが、橋を渡ったら雪上藻がありま
した。お抹茶みたいな色の雪だったのです。
f0118332_2220498.jpg

新旧のクマの爪跡とクマ棚があったブナ。ガイドが下見に来た時は、
登りのときになかった足跡が下りのときに当人の足跡を横切ってつ
いていてぞっとしたそうな。
稜線はすっぽりガスの中で真っ白白。なにも見えないし、風も強いの
で1210mピークで折り返し、傾斜のゆるくなったところで昼食。
大勢いると、あっちからこっちからおいしいものがまわってきますな。
往路で通過した小湿地はミズバショウはたくさん咲いていたけれど、
リュウキンカは一株しか咲いていなかったが、尾根から別の花盛りの
湿地を見つけて寄り道することに。
皮松谷地みたいに大きな水路が続いておりました。
f0118332_22261493.jpg

どこかにちびうさがいるよ。
f0118332_22273412.jpg

また鉄橋渡り、往路では素通りしていた湯殿山碑を見て・・・おやお
や?青空が出てきたぞ。ガスに包まれていた品倉山も今頃になって
見えてきました。
f0118332_2231220.jpg

また来年だなーの声が。もう少し早い時期だと雪橋で渡れるけど、
花はない。どっちがいいかなぁ?

f0118332_22282578.jpg

Commented by 夜行性 at 2010-05-06 23:46 x
熊獲りとも鉢合わせしないでよかったですね.その日の猟は偶然おやすみだったようですから(笑)
Commented by akanezumi1984 at 2010-05-07 00:20
夜行性さん。まぁ、こんな大勢で歩いてるから熊がいても、ハン
ターがいても大丈夫でしょう(笑)
志津では熊獲れたようです。熊のどんがらしゃぶる人たちの写真
が・・
by akanezumi1984 | 2010-05-04 22:32 | ほかの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31