旧友とのんびり

学生時代の友人が月山を案内しておくれと。
昔の鳥仲間も一家でやはり今日博物園にお出まし。
はじめは皮松谷地方面を考えていたが、とりあえず午前中はみんないっしょに
周海沼へ行くことに。
f0118332_2273513.jpg

これは博物園に着く前のザゼンソウ。(場所は詳しく書かないでおき
ましょう。知ってる人は知ってる。)
f0118332_229069.jpg

はい、嫌いな人はすみませんねぇ。雪の上を歩いていた毛虫さんで
す。中学生と小学生もいっしょなので、すっかりガイドウォークと
なり、あれ見て、これ触って、木で遊んで・・・T一家はお弁当なし
なのに周海沼に着いたらもう昼過ぎ。
しかし、ここまで来て、尻滑りしないで帰すわけにはいかん(笑)
f0118332_22172794.jpg

干しバナナでとりあえずエネルギー補給し、子どもたちカッパズボン
装着。おいらの友人には最初から履かせ、タヌキも装着させ、準備は
万端。あれ、父母はやらないのー?
コース取りとお手本にまずおいらが一本。いやー、尻滑りベストシーズ
ンですなぁ。われながらすばらしいロングラインの一本。
さあ、このラインを行くのです、と友人、子どもたちにやってもらうが、
半分も行かないうちに背中から落ちてきたり、止ってしまったり。
足は完全に上げてしまわず、踵でコントロールしなければならんのだよ。
みんなくるんとまわってしまい、誰もまっすぐ来ない・・・
大阪のねこさんはめっちゃくちゃ筋がよかったけどなぁ。その後、ゲス
トでねこさんをしのぐ人は現れていません。
T一家は昼に蕎麦が食べたいからと、お弁当なしだったので、ここで
解散。おいらと友人だけでこの景色二人締めでランチタイム。
f0118332_2232167.jpg
f0118332_2232852.jpg

博物園にもお客さんたくさん来ていますが、今日は昼またぎの案内は
ないようで、誰もいなくなって静か。
ご飯を食べながら、のんびりおしゃべり。渡って来たばかりのキビタキ
が、きれいなオスばかり何羽もいて、目を楽しませてくれた。
風もなく暖か。GWの一番混む日に、こんなに静寂な空間を楽しめる
のだからねぇ。
しかし、あまりの馬鹿天気に、姥ヶ岳に行って大展望もたのしむ? 
なんて話も出したが、あんまりのんびりし過ぎて、山形までの時間
を考えると慌しいかなと、断念。
ゆみはり茶屋でホットドッグとケーキをテイクアウトして、眺めの
よい場所でティータイムを楽しんで帰った。
友人も一日自然の中でのんびりできて喜んでくれたようだ。
f0118332_22413338.jpg

駅まで友人を送り、帰宅してすぐにお土産を開いてみると、おなじみ
の鳩サブレのほかに小さな箱が。小鳩豆楽?豆菓子?
かわいい小さな鳩さんを口にふくむと、ほろほろと解け、上品な和三盆
の甘さと豆の香りが広がって、なんとも優しい風味です。
ケーキもおいしいけれど、こういうシンプルで上質な和菓子というのも
いいものですなぁ。
Commented by nora at 2010-05-04 01:51 x
毛虫さん出てきましたね。
シジュウガラ自分の頭より大きいやつたいらげました。
徐々にヒマワリも減らしていますが。
他にも放し飼い居るから。
3時ジャストにカモちゃんネットに角ひっかけたけど簡単に外して豚ずらしましたよ。
寄り道しなければ。 
一日ずれれば。
みんなから笑われたかも。
まゆちゃん久々出没に「わぁー」でお出迎えしてやりました。
☆○饅頭で有名な地元の菓子店の詰め合わせ届き食べきれず今日のパーティーに持ち越しだよ。
Commented by イシ at 2010-05-04 11:52 x
ザゼンソウは月山には多いのですか? 昨日鳥海山で初めて見つけました。というか登山道沿いにあったのですが^^; 初めてと言えば、昨日はクマと遭遇しました。道にはフンも多数。登山道は彼らの生活道なのですね。
Commented by akanezumi1984 at 2010-05-04 22:09
イシさん、クマと遭遇とな!で、距離はどれくらいでしたか?
クマは見たい、できれば近くで、けれども近すぎると危ない、と
悩ましい存在です。
ザゼンソウはたぶん、あまり標高が高いとないのではないかと。
カタクリもそうなんですが、いつもうろうろするあたりにはあり
ません。毎年見ているのは同じところに唐突な感じで生えている
数株だけです。
動物たちは、けっこう人の道を利用しますね。やっぱり藪より歩
きやすいのか?切り開かれて光が当たるから植物の育ちがよいか
らか?
Commented by イシ at 2010-05-04 22:33 x
距離は約30m。クマは斜面の下にいたのでまだ余裕がありましたが、自分より上か同じ高さにいたら、もっと近くに感じたと思います。登山道にはクマのものと思われるフンが新旧多数。私がクマだったら当然歩きやすい所を歩きます^^;
Commented by yamaneko299 at 2010-05-04 23:32
大阪のねこ、名誉ある評価に気を良くしております。(笑)
クマと30m・・・想像してドキドキ。
Commented by akanezumi1984 at 2010-05-05 04:40
イシさん、30mは近いですね。おいらも最短それくらいでしたが
がつんと切れ込む沢を挟んでいたので完全に余裕でした。ガサガ
サいって出てきたのが子熊だったし・・・イチゴ別れしたばかり
だったのかも。
Commented by akanezumi1984 at 2010-05-05 04:43
ねこさん、あの時も免許皆伝!と褒め称えましたが、いまだ越え
る人がいません。タイヤチューブではりえきちさんもすばらしか
ったですけどね。
by akanezumi1984 | 2010-05-03 22:47 | おらいの山 | Comments(7)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー