ぴかぴかになりました

f0118332_2153150.jpg

f0118332_2153117.jpg

f0118332_2153163.jpg

f0118332_2153125.jpg

今朝は5時起きでお手伝い。清水屋さんのお手伝いの日は、なぜか快晴率高し。山にすっ飛んで行きたい天気だが、こんな日は布団たたみだって、掃除だって気持ちがよい。お客さんが喜んでいるのも嬉しい。
11時半頃仕事が終わると、相棒もモービル調査終わったとこだった。とりあえず合流したものの、山に雲が…上行くのはよそうか?清水屋さんでのんびりお昼して1時過ぎにやって出動体制とったら、あらら?またぴっかぴかに晴れてる!
こりゃ大変。車一台博物園にデポし、姥沢へ。姥山頂行って、2月みたいな真っ白に浮かれ、うさを月山と湯殿山に捧げ、下りは姥山頂から博物園まで尻滑り三昧。スキー場沢コースはノンストップ、快適!
だれもいないブナの森で、相棒はばったりと雪に倒れ込む。いつものことなので心配無用。雪に恍惚となっているだけなのだ。
しかし、おいらは今日現場宿に入らなくちゃいかんので、適当に復活してもらい、さらに尻滑りしながら下山。
博物園から車で姥沢に車回収に行って解散。
さて現場宿に急げ!と弓張の雪壁の上に弟分発見。なんじゃその風呂敷姿は(笑)と、思わず停車。風呂敷は三角布として使っていたのに(鎖骨骨折していたのだ)散歩して暑くなって脱いだフリースしょってるのだった。怪我人の癖に山菜採りしていたわけではなかった。
さて、夕食時間ギリギリにたどり着いた現場宿。予想通りというか、予想を上回る食事環境にめまいが…
温泉は広くて快適だが、まずい天ぷらかまずい刺身の二択しかない夕食って!三泊するというのに…
by akanezumi1984 | 2010-04-25 21:53 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31