下界にて

今日も一日天気よさそう・・・でも、昨日たっぷり歩いたし、少しからだをいたわらないとね。
3月の無茶のつけがまだ残っているので、午前中は接骨院へ。その後雑事をこなし、
午後から珍しく里山に出かけてみた。
f0118332_21364467.jpg

あまり大きな群落はないが、アズマイチゲがそこここに小群落を作っていた。
いつもの月山エリアが大好き過ぎてなかなか離れられないのと、里山では
不法投棄やゴミが多くて嫌な思いをすることが多いためとで、ついつい足が
遠ざかってしまう。
それでも、春先の里山はかわいい花が咲き、鳥たちが楽しげにさえずって、
たまにはよいね。やっぱりゴミはあったけど。
f0118332_21414166.jpg

キクザキイチリンソウは、群れずにぽつり、ぽつりと咲いておりました。
f0118332_21421573.jpg

ニリンソウはまだやっと一輪開いたばかりだった。
f0118332_21424368.jpg

これはなにエンゴサクでしょう?
f0118332_2143456.jpg

日向ぼっこのカナチョロ君。今日は暑いくらいだね。
写真は撮れなかったが、立派なヤマドリのオスがじっくり見られ、嬉しい。
(やぶ越しだったから撮れず)地面にたくさん降りていたシメの群。どすこ
い、どすこい!
響き渡るミソサザイの囀り。陽気なカラたち(シジュウカラ、ヒガラ、コガラ、
エナガ)。思いがけずカヤクグリにも会えた。月山でおなじみの鳥だが、
まだ稜線は雪しかないから、上で会えるのは5月になってからだろうかね。
いつも雪の月山にばかり行っているから、感覚がおかしくなっていて、
普通にスニーカーで歩けるんだよなぁとか、もう花が咲いているんだよなぁ
とか、当たり前のことに軽く驚いてみるのであった。
by akanezumi1984 | 2010-04-10 21:37 | つぶやき | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30