踏査は楽し!

f0118332_20201878.jpg

今日は踏査、山を歩くお仕事です。なんとありがたい!
山は朝から雪。てか吹雪。視界悪いと大変だなぁと思ったが、太陽が顔を
出し、真っ白な新雪にのびる木の影。
足元はふかふかの新雪だが、足首からふくらはぎ程度でラッセルというほど
のこともなく、歩きやすい。
チームで協力しながら順調に仕事をすすめ、ずんずん進む。
f0118332_2020297.jpg

吹雪になり、指先が冷たくてじんじん痛くなるかと思うと、太陽が顔を出して
風も弱まり、ぽかぽかするは、めまぐるしく変わる天気。
ちょうどお昼を食べる間はお日様ががんばってくれて、ぽかぽか。それでは
そろそろと立ち上がるとまた吹雪。
くるくる変わる天気に、あっつーい!さっむーい!フードをかぶったり脱いだり
忙しいのだった。
でも、こんな日は白一面だった雪原に、さっと影が伸びる瞬間が見られて
楽しい。
f0118332_20203695.jpg

あらかた鳥に食べられてしまったヤドリギに鮮やかなオレンジの実が残って
いた。まだ花は咲いていない。ま、咲くというより、ちょっと割れるだけな感じ
のものですが。
ぽかぽか陽気と、吹雪がころころと入れ替わる一日は、春も待ち遠しいけれ
ど、ふかふか雪も名残惜しい山好きの気持ちを表しているような・・・

東京の舗装路52kmで痛めた左足の親指の腱?治ったと思っていたのに、
今日歩いていたら、また痛くなってしまった。しつこいなぁ。
Commented by E子 at 2010-03-30 09:13 x
レンジャクはいつ頃までみられますか。
Commented by akanezumi1984 at 2010-03-30 10:07
E子さん、それは年により、場所により異なります。
ちなみに最近は見てませんが、あちこち移動するから、たまたますれ違
いなのか、もう山を下りたかはわかりません。
もっと南で過ごしたのが北に移動する渡りの途中のは、5月になっても
見られることはあるけどね。
いつどこに行けば必ずというものではないです。
by akanezumi1984 | 2010-03-29 20:40 | おらいの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー