山日和

晴れ間がありそうなので、一人で湯殿めざそうかなと昨夜は考えていたのだが、
つい夜更かしして早起きできなかったのと、予備のスノーシューが長めで急斜面
の下りに向かないかなと、仏様に同行してごがらみ行きに変更。
いざ歩いてみたら、それほどの深雪ではないのに、とにかく重くて、単独での
湯殿山頂なんてやめといて正解でした。
f0118332_23561170.jpg

地すべり対策のための磁器探査で、ヘリがミサイルみたいな探査装置をつり
下げて終日バリバリ飛んでおりました。
f0118332_23574548.jpg

ごがらみをこよなく愛する仏様と、ごがらみバリエーションルート。
昨日の吹雪のおかげで森はきれいです。
f0118332_022435.jpg

中がからっぽになっても、まだ生きているブナ。
曇りで、時折日が差して雪に影が走る。天気予報ではかなり気温が上がる
と言っていたが、山は適度に寒くて汗をかかずに歩けたが、もちもちと重くて
足をとられる雪だった。深くはないのでスキーはすいすいと進んでいくが、
スノーシューはねっとりと沈み込み、ふかふかの膝ラッセルの時よりしんどく、
今日は完全に仏様のスキーラッセルを頼った一日。(スキーの後でも疲れた)
f0118332_08483.jpg

f0118332_010979.jpg

いつもの場所で少し早めの昼食。少し遅れている山オヤジ様が追いつ
いてくるかな?と思ったが、なかなか現れない。食べ終わって少し進むと
違う方向から登場。途中からわれわれのトレースではなくキャットのトレー
スをたどったとのこと。
f0118332_0114737.jpg

美しい尾根に出たので、仏さまにモデルをお願いした。うーん、なかなかに
フォトジェニックです。
風あたりの強い尾根は雪がしまっているので、ウサギ、リス、狐の足跡が
見られた。写真撮ったのだが、曇っているときで凹凸があまり出ず、没。
f0118332_0145265.jpg

ウサギが腰すえて食事した後には、証拠の品がこーろころ。
f0118332_0154548.jpg

株立ちしたミズナラの巨木。風にえぐられ、根元が見えている。
強風地帯なせいか、ばきっと折れた木が多い。キノコ農場だ・・・
ぐるっとまわって、山オヤジ様が昼食しているところにまた合流。こちらは
先に食べてしまっていたので、おやつ休憩。下りは三人いっしょに・・・
しかし、おいらだけスノーシュー。今日の雪質では走れず、遅れをとった。
そもそも自分のペースで歩けばよいので、走る必要はないんだけど、春の
快適ザラメのときなどはついつい追いかけて走ってしまう。どうやったって
スキーにはかなわないのに。

帰りにPPによると、サンデー毎日の面々が勢ぞろい(笑)
みんな家にこもっていると体の調子が悪くなるのだ。
でも、明日は雨だから休みだねー。
by akanezumi1984 | 2010-01-28 00:25 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31