吹雪ときたま青空

下界は午後から天気回復の予報だが、山は一日吹雪きかなぁと、ゆっくり出かけ
た(いつものことか?)
志津の駐車場には、連休の割りに車が少ない。今日明日はキャットのツアーや
エコプロのツアーがあるから、人数は入っているのだろうが、個人客は少ない模様。
出かける支度をしていると、一度下ったのに、途中ですれ違ったのに気づいたから
と酒田のIさんが戻って来てくれました。どもどもお久しぶりでした。今年もまた
月山、朝日のどこかでお会いできることでしょう。
f0118332_23421985.jpg

とりあえず博物園に向かう。管理車道入口の積雪チェック用竹竿では2.6m程
になっておりました。
風があるので、トレースがすぐに吹き消されてしまい、上陸地点もさっぱりなん
の痕跡も見えず、あれー?少なくともIさんここから入ったはずなのに・・・
と、思ったが、新たに崩して登ったら、ちょっとずれたところの先にトレースが。
沢を渡って対岸に向かったのはエコプロ隊であろう。石跳沿のスキートレース
を利用してしばらく進んだが、そこで引き返したのか、風で埋まったか、ふっつり
痕跡がなくなったのだ、どりゃっ!と急斜面をむりやり登って尾根に出ることに。
f0118332_23495639.jpg

平らなところは、少し大きめスノーシューで膝下くらい。登り斜面だとこんな風
に腰や腹に迫ります。胸までは来ないので、今日は手を使わず膝だけでも
登れました。
尾根に上がってしまうとだいぶ歩きやすい。足元をざざーっと流砂のように
雪が流れていくのが美しい。顔が痛いほどの強風ではないので、吹雪の徘徊
もまた楽し。
f0118332_23542536.jpg

この木はどうなってるのか?幹がぶっつりとなくなっているけれど、まだがん
ばっているのかな。
f0118332_23554083.jpg

f0118332_235682.jpg

ふいに足元に影が伸び、モノトーンの世界に色彩が戻る。太陽が雲間から
出てきたのだ。今日は晴れを全く期待していなかったので、嬉しくなったが、
ほんのつかの間で、また吹雪に戻った。
しばし尾根歩きを続けたが、どんどん吹雪が強まり、今歩いてきたトレースも
早ほとんど消えつつあったので、たいして歩いていないけれど早めに下山す
ることに。
f0118332_23583681.jpg

風があたると転げてしまうので、風防つけて雪だるまさん。
f0118332_23592334.jpg

ところどころしか残っていないが、やはりあったほうが楽なので、自分のトレー
スの見えるところを戻る。わはは、こんな急なところ登ってたか・・・
一段落とすと、また青空が・・・むむっ、早まったか?と思ったが、やっぱり
つかの間のお日様だった。
f0118332_022131.jpg

ああ、もこもこふうわり、とーろとろ。生クリームのケーキが食べたくなりま
した。
Commented by えすてぃ at 2010-01-11 20:21 x
あかねずみさんには何てこと無いのでしょうが、凄いところ登ってますね。
最後の写真、いいですね~。
Commented by ファーマー佐藤 at 2010-01-11 22:09 x
 今日も月山に行ったんでしょうかね?。
鳥海山から下りたらお昼前だったので、あなねずみさんに会えるかも
知れないので、月山に行こうかな?と真剣に考えたのでありました。
移動時間が長いので結局諦めましたが。
Commented by akanezumi1984 at 2010-01-11 22:25
えすてぃさん、ちょっとの距離だからできることです。この日は遠く
まで行く気がなかったので、ぶらぶら遊んでました。
傾斜のゆるいところを探して回り道したほうが早いことも(笑)
もこもこ、いいでしょう。ふんわりこんもり。マシュマロのような、生クリー
ムのような。ついつい、おいしそーに見えます。
Commented by akanezumi1984 at 2010-01-11 22:31
ファーマー佐藤さん、鳥海山も雪質ばっちりだったでしょうね。
今日はスキーヤーがたくさんいるだろうなぁと思い、家で本読んでまし
た。曜日が関係ない人なので、平日すいているときに行けますから。
人のいる日だとトレース拝借で楽ができるという利点もありますけど。
いろいろ見つけたり探したり、ぶらぶらほっつき歩くと、滑る人に雪を
荒らすなと怒られそうだから、なるべく平日に徘徊します。
天気によりますけどー。
by akanezumi1984 | 2010-01-11 00:03 | おらいの山 | Comments(4)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー