ふかふか雪の森へ

f0118332_23423788.jpg

朝のうちは青空も出ていたのですが、昼前からまた雪に。
でも、それでもよいのです。雪の日は、雪の日の美しさがあるから。
f0118332_234445.jpg

やっと積雪が増え、登りでは一部腹とか胸ラッセル。腹以下だと膝を使っ
て二段階で登るけれど、腹とか胸だと手で雪をはらいながら。
今日は森をぶらぶらするだけの予定なので、登りはわずか。一度尾根に
出ればそんなに深く沈まず(膝下)楽に歩けました。
f0118332_23475364.jpg

こんもり盛り上がり、たれさがる雪。
f0118332_23492219.jpg

うきゃっ!めっかった。
f0118332_2350141.jpg

モノトーンの世界で、目立つ赤。
f0118332_23503922.jpg

博物園のシンボルツリー、大トチばあさんと、大ブナじいさんに挨拶してひき
返す。
f0118332_23512514.jpg

六地蔵風にしてみました。ちょっとろうそくを灯してみたくもあり。

でも、今日の一番の収穫は、しろくまを見つけたことだな(笑)
どてっと寝転んだしろくまにしか見えなかった・・・

ちなみに、現在工事のため、博物園の駐車場までは除雪がされております
が、あくまでも工事のための除雪です。一般車は志津の駐車帯に止めまし
ょう。そこから歩いても、完璧な除雪のおかげで最初からラッセルするより
ずいぶん楽に行けるのですから。

夕方からは、毎年恒例の蕎麦ぶちの会。
f0118332_23535920.jpg

とりあえず着いた人から、つなぎなし蕎麦粉100%の蕎麦を打ち、
f0118332_23572639.jpg

ある程度たまったところで、屋外で茹でて、冷水で洗い、みんなでつつく。
寒いのに外で立ったまま、「これ誰の蕎麦や?」といろんな人の蕎麦を食べ
まくるのがよいのだ。
第一部はおやじ蕎麦の部。やはり、ごんぶとや、きしめん風が多い(笑)
第二部のあねご蕎麦の部は、切り方が丁寧なので、ちゃんと蕎麦です。
石臼挽の蕎麦粉100%、つなぎなしなので、香りがよくて誰が打っても
うまい。歯ごたえやこし、のどごしが違うけれど、適当に作っているわり
には失敗というのはない。
ただ、つなぎがなしなので、折り目で切れてしまう。まぁ、ちょうど食べやすい
長さと言っておこう。
Commented by SONE at 2009-12-23 10:05 x
さすが月山、凄い積雪量ですね。ストックの写真で雪の厚みが分かりましたよ。ところで姥沢~ネイチャーセンター間の森は滑れそうですかね?
Commented by akanezumi1984 at 2009-12-23 11:15
SONEさん、早く滑りたくてうずうずしてらっしゃるでしょうね。
なかなか積雪増えず、まだ藪がうるさいし、小沢が開いてますので、ツリ
ーランはまだ厳しいかと思います。
ぽつりぽつりスキー、ボードの人は入っていますが、今のところは黙々と
姥沢まで道路又は電線下を登って、姥周辺で滑り、帰りは道路を滑って
るみたいです。
来月になればだいぶよくなると思いますが、新雪がどかどか積もったら
積もったで、直後はラッセル厳しすぎるし、スキーも走りませんね、きっと。
12月、1月に来るのは、よっぽど好きな人たちですよね(笑)
Commented by ひしゃく姫 at 2009-12-23 11:45 x
降ってますねぇ。雪ゼロ日暮沢から一転、漸く月山にも冬が来てくれましたか。私は翌週から2週続けて志賀高原にスキーに行って来ました。あの、冬の月山でも滑らせてもらえるように、ただいまスキー修行中です。
2月末雪旅籠の土日にお邪魔する予定です。
それにしても蕎麦、美味しそうですね!食べてみたい。
では、良いお年を。
Commented by akanezumi1984 at 2009-12-23 12:39
ひしゃく姫・・・それが昨日の午後からまた雨になっちゃったんですよ。
標高の高いところは雪になってくれていればよいのですが。

蕎麦打ち。ほとんどの人が年に一回。でも、分量だけ聞いて各自粛々と
打ち、おいしく仕上がります。違いは歯ごたえとのど越し。
ごんぶと、細いのにもえもん的硬い蕎麦、いろいろな蕎麦が食べられま
す。道具や場所のことを考えると、やろうと思えばできるのに、やっぱり
年に一回になりますね。
Commented by morino1200tb at 2009-12-23 21:27
ヒャー、腹ラッセルに胸ラッセルですかー。
やっぱり月山は凄いですね。
打ち立ての蕎麦を表で食べるのもいいですね。美味そう(^¬^)。
Commented by akanezumi1984 at 2009-12-23 22:57
morinoさん、腹とか胸ラッセルは登り斜面でふきだまっているところだ
け、ごく一部ですけどね。足を置こうとしてもみな崩れ落ち、雪の壁だけ
が胸に迫る・・・ということがあります。そういうときは、とりあえず手で雪
をある程度かきわけてから足場を作ります。
ただ足だけ置こうとしても、みんな崩れてしまい蟻地獄みたいになるの
で、膝で雪を伸して小さな平面を作り、底に足を置いて体を引き上げま
す。1m上がるのもけっこう大変ですが、昨日はそんなところはごく一部
で後は楽に歩けました。この時期は沈むので、浮力の強いスキーの人
のほうが有利ですね。

打ちたて蕎麦、蕎麦粉100%の蕎麦は素人が付ってもおいしいですよ。
ただ、作業に広い台が必要なのと、火力の強いガス、大なべが必要なの
で、家庭ではやりにくいですね。
by akanezumi1984 | 2009-12-22 23:55 | おらいの山 | Comments(6)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984