暖房がないだけで・・・

12月はじめの恒例日暮沢小屋忘年会。
冬のはじめにつき、年によってスノーシューでラッセルのこともあれば、つぼで
行けることもあり、たまに林道に雪がないこともありますなぁ。
今年は雪が全くなく、おまけに日曜は雨ってことで、軟弱に小屋まで車で行く
ことに。こんなのは初めて。
そして、小屋に入ったら床が真っ黒になるほどの虫に仰天。こんなのも初め
て!メマトイみたいだが、なぜにこんなに小屋の中に大量発生??
三階に特に集中していて、ちりとりにてんこ盛りのうげうげでした。
気を取り直して・・・
f0118332_1634378.jpg

これはごくごく一部。毎年みんなザックから次から次においしいものを繰り
出すのだが、今回は車だし!ということでさらにパワーアップ。
持ち寄り食材がありすぎて、夕食に準備されたお好み焼きは登場する
余地がなくなりました。
f0118332_16362723.jpg
f0118332_1636369.jpg

まったく歩かないでは気分が出ない!ってことで、小屋から空身で竜門の
滝までキノコを探しながら散歩。ナメコとムキタケが少しとれて、鍋に投入。
f0118332_163749100.jpg

日暮沢=メヒカリの夜といわれるくらい、定番となったメヒカリのから揚げ。
揚げたてをはふはふ。いつもメヒカリを提供してくださるS夫妻は今回欠席な
のに、わざわざ事前にメヒカリを届けてくださり、メヒカリの夜の伝統は続く
のでした。
f0118332_16403768.jpg

まだ柔らかく中身がとろとろの干し柿にマスカルポーネをのせたものも、
絶妙にうまい。クリームチーズより、より洗練された味になりましたね、
E子さん!
f0118332_16422821.jpg

イナゴもずいぶんひさしぶりに食べました。
f0118332_1643924.jpg

鶏団子と野菜たっぷりの鍋には、散策中に採ったナメコとムキタケ入り。
ほかに超おいしい漬物三種。チーズフォンデュ。鮭とば。牛タン。栗むし羊羹。
肉厚の油揚げのねぎ味噌焼きなどなど。
どれもこれもおいしかったなぁ。ほとんど歩いていないのに、こんなに食べて
いいのかっ!
午後遅くから雨になり、かえって気温は下がらない。こんなに寒くない日暮沢の
夜も初めて。
午後3時半から始まった宴会は夜の11時過ぎまで、食べっぱなし、飲みっぱなし、
笑いっぱなし。腹筋だけは使った?
帰りも歩かなくていいので、雨具さえ着ず、温泉の開く時間まで小屋でまったり
過ごしてから、車で移動。ああ、なんて軟弱(笑)
なーんか旅館に泊まって忘年会しっだみたいだね。(でも、見た目豪華だけど
たいしてうまくない料理ばっかり並んでる大旅館より、こっつのがうまい)
Commented by ファーマー佐藤 at 2009-12-07 00:42 x
 ウヒャー!、楽しそうですねー。(^^
漬け物を溶けたチーズに浸して食べた様子が目に浮かんでしまいましたが、
まさかそんなことはないですよね…。(笑)
Commented by akanezumi1984 at 2009-12-07 17:55
ファーマー佐藤さま、そんなことはなかったです。さきいかのから揚げは
ありましたが。
最初焼いて出していた冬葉を、ためしに素揚げにしてみたら、これもさくっ
としておいしかったです。
メヒカリ空揚は、塩でシンプルに、大根おろしとポン酢、七味でさっぱりと
二通りに味わいました。
白ワインを飲みきろうとした人には「ちょっと待った!それチーズフォン
デュに入れるから」と制止がかかり、セーフ。しかし、だんだんチーズが
煮詰まってきたとき、追加の白ワインなし。せば、鹿狼山(日本酒)だな
と・・・チーズフォンデュに日本酒はありのようです。
by akanezumi1984 | 2009-12-06 16:51 | ほかの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30