鮭を掬って、殴って、救命講習(12/3)

最近ぐうたら過ごしていましたが、昨日は久しぶりにハードな一日。
(寝つき悪くて一時間半しか寝ていなかったし)
一昨日夕方、木下自転車店長と弟分と三人そろっているところに、鮭の孵化場手伝い
要請電話が来て、「三人行けまーす」と即答。
朝四時半起き、5時出発で暗い中、鮭の孵化場へ。
f0118332_124682.jpg

一気に作業体制に入り、忙しいのと手がぬらぬらなのとで、なかなか写真
を撮れないが、すきを見て撮影。
鮭がたまっている水路の退路を断ち、数人が腰上まで水に入って鮭を
追い込む。借り物の胴長でおいらも水に入ったが、一分くらいで膝裏に浸水。
あわてて退散。
檻になっている空間に鮭を追い込むと、檻全体を上に上げ、水深を浅くして
鮭を掬いやすくする。
f0118332_1252770.jpg

網で掬いあげると、殴り役が待ち構え、暴れまくる鮭の頭を殴る。
今回、両方させてもらったが、掬うのは案外簡単だが、網自体が重く、さらに
鮭がオスだと5~6kgあるので腰にくる。左腕もだんだん上がらなくなり、体力
的には一番きつい感じ。
殴りは鮭が大暴れしているので、最初の一撃は難しい。一度なんとかヒットさ
せると少しおとなしくなるので、さらにとどめを刺すのだが、打ち所がよほどよく
ないと何度も殴らなければならない。
この空間に入ると「仕事」モードなので、鮭を殴ることにはなんの躊躇も憐憫も
ない。
f0118332_12575467.jpg

川にあがると銀色だった魚体がブナのような色になる。殴り役はオス、メス
選別し、メスだけを採卵台のほうに滑らせる。
f0118332_1362816.jpg

オスはたまったらコンテナに入れられ、後から冬葉(とば)や新巻用の処理
される。メスの採卵は一人でやっているので、どんどんメスがたまって作業
が追いつかなくなると、掬い役に「オスだけにしろー」と指示がとぶ。
そうなると、大きくて重いオスばかり続けて掬わなければならないので、
かなりきつい。慣れていないおいらなど、連続オス攻撃だとすぐに腕があが
らなくなり、10匹もあげたらよれよれ。
f0118332_1383516.jpg

この日あげた鮭は3クールで1500超え。多い日は2000超えるそうです。
f0118332_1372611.jpg

でっかい鮭を相手の仕事が一段落した後、受精卵を運ぶお手伝いを少し。
f0118332_13131735.jpg
f0118332_13132993.jpg

発生卵は、よく見ると目玉や脊髄が見えます。
f0118332_1319146.jpg

お昼に孵化場名物「鮭の心臓焼き」をいただきました。うまーい!
f0118332_13202034.jpg
f0118332_1320324.jpg

こんなりっぱな鮭丸ごとで千円。激うまな冬葉が1500円とお買い得。
海の鮭に比べると脂が落ちていますが、料理法によっておいしく食べられ
ます。冬葉は、酒飲みじゃなくてもうまいっす。お茶漬けにもよし。
この日はイクラも少し売り物が出た(日によって、予約分だけでなくなる)
ので、500g千円で購入。ほかに冬葉一本購入。鮭の身は駄賃にいただき
ました。
この後、秘密のミッションを実行してから、山形に一度戻り、店長を
送ってから東根に移動。午後6時半から救命講習があるのだった。
時間ぎりぎりに滑り込み。午後9時まで実りある講習会。
f0118332_1334391.jpg

頭ではわかっているつもりでも、いざ急に自分たちだけでやりなさいと
言われると、おたおたするものです。人がやっているのを見ているだけの時
は、冷静に次やることがわかるのに、自分がやってみるとすっぽぬけちゃう
んですねー。
やっぱり訓練は大事だ。
Commented by にんじん at 2009-12-04 19:52 x
あかねずみさん、いくら、好きでしたよね。
私も、大好きです。ただし、1年に1度だけ、思いっきり食べておしまい。1度で、未練なし。

今年は町内会の世話人になっているので、訓練に参加しました。
救急隊の方が見本を見せて、参加者がもれなくさせられました。
よくいるでしょう、見てるだけの人・・・・せっかくなので、全員しましょうと全員体験。グループに分かれて、何人かしたあと、今までの方の注意点を指摘し、さらに後続がやってみるという形でした。

今、講習を受けたのに、なかなか完璧にいかないものでした。
そうとうな強さで垂直に押しつづけるんですよね。

助けるためには肋骨が折れても仕方がないと言ってましたね。
Commented by akanezumi1984 at 2009-12-04 21:42
にんじんさん、イクラは好きですがあまりたくさんは食べません。
毎日ちびちび。だから小分けして、すぐ食べない分は冷凍しています。

AEDの訓練、人形が5体もあったので、グループ分けして各班で全員
が最初から最後までを二回、胸骨マッサージだけで二回くらいはやっ
たような。我が班にはプロの救命士にもほめられる完璧な人がいたの
で、それを見習い、みんなさまになるようになりました。
時々他の班を見ると、さまになっていない人もいて、訓練だから30回
押すのを三回くらいしかしませんが、本番では誰か代わりの人がくる
までずっとですからねぇ。
肩から垂直に、肘を曲げずに、腕ではなく体で押さないと長くはできない
し、力が入らなくて必要な深さになりません。
位置確認したら、顔をあげてリズミカルに押すのがよいみたいでした。
つい下を確認しながらやりたくなるのですが、それだと猫背になり、
きちんと押せません。
そこに気づいてから我が班はみんなびしっと決まるようになり、先生に
おおっ、よくなりましねーとほめられました。
これがいつまで覚えていられるか・・・
Commented by えすてぃ at 2009-12-04 21:49 x
講習会、お疲れ様でした。
ワンサイクルやるだけでも結構しんどいでしょ!
リズムや回数なんか忘れちゃっても全然かまわないです。
途切れない胸骨圧迫&AEDを覚えておいてください。

う~、それにしても大量の鮭。
はねる音とか、実際の現場は凄い臨場感、迫力なんでしょうね。
Commented by akanezumi1984 at 2009-12-04 22:54
えすてぃさん、実は我が班に教えてくださった救命士さんが、えすてぃさ
んとちょっと似てまして、まさか?と一瞬思ってしまいました。
人形相手だと、服がすぐ脱げるようになっていますが、実際の場合、特に
冬なんか厚着しているから、服をはだけるだけでも時間かかりそう・・・
焦ってるうちに時間が過ぎそうです。女性の場合はちと躊躇しそう、なん
てこと言ってられないんですね、命かかってますから。

鮭を追い込んだ檻をあげるとき、ものすごくはねるので迫力あります。
殴り役のとき、あまりに動いて殴れないので、思わず手で尾をつかまえ
ようとしてしまいましたが、殴る前は捕まえられるものではありません。
ミサゴなんか、体のわりに大きな魚つかまえますよねー。改めてすごい
なぁと思います。
by akanezumi1984 | 2009-12-04 13:42 | お出かけ | Comments(4)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984