48hours・後編

朝目が覚めると、もう東の空にオレンジのラインが走っていた。
こうしちゃいられない。もこもこ着込んでカメラ持って外へ。
f0118332_14513847.jpg
f0118332_14515312.jpg
f0118332_14522032.jpg

昨日うっすらーとしか見えなかった富士山がくっきり。
しかも、寒くない!風がほとんどないのだ。この時期のこの高さでサンダルで
のんきに小屋を一周できちゃうなんて!!
f0118332_14535352.jpg
f0118332_1454675.jpg

朝の光でますます美しいとんがり。同行者たちとは、これもオボコンベだね
と盛り上がった。(わかる人にはわかる)
ああ、なんて幸せなんだろう。天気が悪かったら、せっかくがんばって登って
きても、なにも見えなかったかもしれないのだ。
f0118332_14573432.jpg

あまりにかっこよいので、何度も撮ってしまう槍。んー、いつか縦走したい
ものです。
これまたおいしい朝食を食べ、(下界のやる気のない宿より品数も味もよい)
パッキングも済ませてから、小屋の方の好意で小屋を案内していただいた。
f0118332_1512473.jpg

この灯油タンク一基で容量8000l。600人も収容できる小屋だけに、巨大
な冷凍庫や発電機、バッテリー、大量に炊飯できる圧力釜など、東北の
避難小屋やこじんまりした営業小屋しか知らないおいらたちには、驚愕の
世界でした。
f0118332_1555848.jpg

北アルプスの燕岳、燕山荘のスタッフの方たちです。最高のホスピタリティ
に触れた二日間でした。スタッフのみなさんに感謝です。
この山の景色に、そして、スタッフのみなさんにまた会いに行きたい!そう
思わずにいられない燕岳でした。
Commented by イシ at 2009-11-11 20:00 x
とんがり帽子の山とちびうさの乗っている岩で燕岳とわかりましたが、いつのまに…という感じです。天気に恵まれて本当によかったですね。うらやますい限りです^^; 北アには30年前!に一度行ったきりです。あかねずみさん同様近くの山で満足してしまうので、なかなか遠出ができません。いつかまた行きたいと思いますが、その日はあるかな?
Commented by akanezumi1984 at 2009-11-11 21:22
イシさんは30年前でしたか(笑)
おいらは20年ぶりの北ア。といっても槍しか登ったことなかったの
ですが。
なかなか遠くに出かけられませんが、車でちょいと一時間ちょっとで
いい山があるというのは、われわれ恵まれた環境にいるものですよ
ねぇ。
モモンガとヤマネのいる八ヶ岳のあの小屋も、もう一度行きたいと
思ってから、いったい何年たったのやら。
イシさんはなかなかお休みままならないかもしれませんが、とりあ
えず体力・筋力を落とさないようにしましょうよ。いずれ来るその日
のために。
Commented by ファーマー佐藤 at 2009-11-11 22:12 x
 へ??、槍ヶ岳!!??。

 一瞬、開くサイトを間違えたのかと思いました。
槍ヶ岳のライブ映像を見るのが日課になっていますが、思わぬ所で
観られてビックリです。ぜひ縦走して下さいね~。とっても楽しいですよ。(^^


 いや~、それにしても良い天気ですね~。良かったじゃないですか。
燕山荘がまだ営業しているなんてビックリです。9月に竹村新道から燕岳の
独特な稜線を見たばかりなので、まだ脳裏に焼き付いています。
そこから大天井岳まではまだ歩いていないので、いつか行かなくては。

 ホント、素晴らしい景色です。\(^〇^)/
Commented by akanezumi1984 at 2009-11-11 22:41
ファーマー佐藤さんの行動力には毎度ぶっとんでおります。
おいらは自分だけでの夜駆けの長距離山行はできなくて、今回は
おんぶにだっこの形で行かせていただきました。
燕山荘は今月23日まで営業。そしてそして、なんと年末年始も!
正月にあの絶景眺めながら(晴れればですが)生ビール飲めるそ
うですよ。んでもその前に長い単調な車道歩きがえんえんあります
が・・・
Commented by morino1200tb at 2009-11-11 23:08
アレはやっぱり槍だったのですね。燕岳でしたか。
チビウサをアルプスで見られるなんて、ありがたや、ありがたや・・・(笑)。
超スピーディーな遠征でしたが天気に恵まれて良かったですね。私はアルプスは未踏の地です。長い休みが取りにくいので、もうしばらく朝日・飯豊など東北の山を楽しもうと思ってはいるのですが、こういう写真を見ると・・・。
そうそう、akanezumiさんの好きな熊の落し物いっぱいのところへ行ってきましたよ(^_^)。
Commented by akanezumi1984 at 2009-11-11 23:13
morinoさん、東北にいるとアルプスは遠いですよねー。
おいらなど、飯豊すら遠くて行ってないし(笑)鳥海山も遠くてなかな
か億劫なのですが、まだ少し慣れてるから行く気になれるだけ。
月山と朝日が近くにありすぎる?
ところで、あちこちで誤解されているようですが、熊の落し物が好き
なわけではありませんからっ。
単に、なに食べてるのかなーと気になるだけですって。
あまり説得力ないか(笑)
Commented by ケモ at 2009-11-12 13:47 x
akanezumiさん、天気良くて良かったですね〜♪
私は燕岳行っていないので、こういう所かぁと興味津々でした。
燕岳の小屋の方は、すっごく優しそうな方ばかりですね。
こういう方達の経営する小屋に泊まりたいナァ。
大きな山小屋の印象ってあまり良くなかったのですが、今回のブログで印象が少し変わりました。
何にせよ、先入観はいかんですな。反省です。

槍はどこから見ても分かるいい山ですよね。
個人的には、登るより遠くから眺めているのが好きな山です。
また見に行きたいナァ。akanezumiさんの北ア遠征が見られただけでラッキーでした♪
Commented by akanezumi1984 at 2009-11-12 17:41
ケモさん、ほんとに槍は見ほれる山ですよね。うっとりー。
燕山荘は山小屋の概念が覆されるような、企業努力の小屋でした。
利用者が多いのと、立地条件にもよるのでしょうが、投資をしても、それ
が利用者にとって喜ばれることであれば、投資した以上の利益になる。
そんな幸福の循環が成り立っているように見えました。
麓の有明荘のスタッフの方たちも笑顔の素敵な、親切な方たちでした。
すいている時期に行けて幸せこのうえなしでした。
どんなに親切なスタッフさんたちだって、繁忙期の戦争状態ではゆっくり
お話もできませんものね。
Commented by akanezumi1984 at 2009-11-12 18:16
matsuさん、なんだか気を使わせてしまい、すみませんでした。
お気を悪くなさらないで、これからもコメントよろしくお願いします。
Commented by えすてぃ at 2009-11-12 21:14 x
チョンガリのお山、カッコいいですね~。
4枚目、雪化粧の白いチョンガリと、朝日に染まる手前で赤に染まる山。
すばらしい対比でウットリ。
鳥ばっかりに興味あり、鳥が見たいためにイヌワシのお山にだけは登るのですが、こんな世界があるとは。
鳥が居なくても、登ってみたくなりましたって、そう簡単には行けないかな(^^ゞ
Commented by akanezumi1984 at 2009-11-12 23:16
えすてぃさん、本当は白くなったライチョウをものすごーく期待していたの
ですが、残念ながら見られず・・・帰った後小屋近くに出たらしいのですが。
おいらも、もともとは山の鳥が見たくて山に行くうちに山好きになり、今で
は鳥より山重視になってしまいました。
東北に来るよりは近いですよ(笑)
アルプスや八ヶ岳は、営業小屋がたくさんあるので、寝袋や重い食料
持たずに登れます。
この景色テレビや写真じゃなくて、自分の目で見たいでしょうー!
高いところにいると、ちょっとだけ鳥になったつもりになれますね。
あー、本当に鳥ならあのチョンガリまでひとっ飛びなんですけどね。
Commented by ebiyan at 2009-11-13 11:05 x
知らぬ間に遠征してきていたんですね。
燕岳は10年位前の紅葉の時期に歩いていたので懐かしく見させていただきました。
ちびうさちゃんもすっかり風景にとけこんでうっとり眺めている様子。
朝焼けのすばらしい景色は小屋泊まりならではですね。
私も最近はほとんど東北から出ていませんが、来年はぜひとも燕山荘に泊まってあのへんを歩いてみたいものです。
ところで、私が先日鳥海山で出会ってお世話になった鶴岡のBUNさんが
いつもあかねずみさんのブログを見ているのだそうです。
それで山仲間の安曇野通信さんが同じ日に燕山荘に泊まったのでコメントを入れようとしましたが、はじかれてしまったとのことで言伝を預かりました。
「安曇野通信」に燕岳のスライドショーがあるのでぜひみてほしいとのことでした。「安曇野通信」さんのほうにもあかねずみさんのブログを紹介したそうです。
Commented by akanezumi1984 at 2009-11-13 12:28
ebiyanさん、どうもです。へへへっこっそりね(笑)
安曇野通信さん教えていただき、ありがとうございます。さっそくスライド
ショーを見にいきました。これがもうすばらしくて、うっとり見とれました。

鶴岡のBUNさん、こんにちは。いつも見ていただいているのですか。
ありがとうございます(照れますね・・・)
ベースは鳥海山なのでしょうか?月山にもたまにいらっしゃいますか?
どこかですれ違っているかもしれませんね。
Commented by 雨飾 at 2009-11-14 01:13 x
安曇野通信の雨飾です。ご訪問ありがとうございました(^^)

山形方面の山は好きで最近よく通っております。近くに山があるのに
何故かそちらの方に惹かれてしまいます。夏にも以東岳に行ったんですよ。

それにしても巨大な燕山荘にはびっくりですね!
私は東北のこぢんまりとした避難小屋も好きです・・・
Commented by BUN at 2009-11-14 07:39 x
あかねずみさん、おっ!コメント届きました!
前の書き込みがはじかれたのは、リンクURLがあったからかもしれません。
ご常連さんしか書き込めない仕組なのかな~と簡単にあきらめていました。
友達の友達はみな友達だあ~、ですね!
ebiyanさん、ご面倒お掛けして申し訳ありませんでした。
いずれ月山でばったりお会いすることと思います。
ひとりでのろのろ歩いている(股関節に障害あり)おばさんは私です。


☆雨飾さん、
掲示板で雨飾さんに、東北のDNAが流れていると初めて知りました。
DNAが目覚め始めたのかもしれませんね。(^^)
Commented by akanezumi1984 at 2009-11-14 08:20
雨飾さん、ようこそ!
素敵な写真満載の雨飾さんの安曇野通信、さっそく楽しませていただきました。
アルプスのかっこよい岩峰と、東北のたおやかな山。それぞれによさがありますよね。お互いないものねだりで憧れてしまいますよね(笑)
以東のちんまりかわいい小屋は、大のお気に入りです。
Commented by akanezumi1984 at 2009-11-14 08:23
BUNさん、コメントありがとうございます。
自分は管理者なので、一般の書き込みがどうなっているのかよくわからないんですが・・・とりあえず無事書き込めてよかったです。
BUNさんも単独が多いのですね。単独で歩いている女性は少なめなので、怪しい人がいたら声をかけてみます(笑)
Commented by 鯛金 at 2009-11-15 21:44 x
もう9年も経つんですね。(独り言です)
北鎌尾根懐かしく拝見しました。いつ見ても人を魅了します。
いい天気の時に行ってこられましたね。
縦走してみたい?貴方ならどのコースを選びます?
夢がいつか叶いますように。

Commented by akanezumi1984 at 2009-11-15 21:56
鯛金さん、ちょっと小耳にはさんだのでわかったりします。
いつも月山ばかりで険しい岩には慣れていないから、ジャンダルムとか
はやめときたいです。でも、どこも長くて険しいのでしょうね。
単独だと少し心元ないかなぁ。
Commented by 鯛金 at 2009-11-16 08:36 x
おはよう!7年前の間違いでした。(あぁ・・)
昨日は悪天で弁慶山中止に。
そうでなくともそそっかしいにショックで頭がトロ~ン。(単なる言い訳)

貴方の歳なら行けますよ槍の縦走。
でもその前に膝を治してからね。

お父さんに槍の写真見せたら「行きたいなあ・・」って。(笑)
Commented by akanezumi1984 at 2009-11-16 10:33
とりあえず、人並み以下の体力しかなかった20年前より、今のほうが体力ありますね。ここからあまり落とさず、膝も現状維持で行きたいものです。
昨日あの強風で山に行ってましたか(笑)

槍は、直接登るより、眺めるによい山・・・と言う人多いです。
燕岳一泊でなら、お父さんもまだ行けるのでは?でも会社が休めない?
人気の山小屋だから、土日祝日は混むから、できれば平日。
あの小屋に泊まって、朝夕の一番きれいな時間帯のんびり山を眺める、
というのはお勧めです。
Commented by nabe at 2009-11-19 21:56 x
試験の日々で山を忘れてしまってる・・・
燕岳に来ていたのですねぇ~ 
私が始めて登った北アルプス、ケーキ食べ放題に誘われて登った燕山荘だ!!
また行きたいなぁ~(すばらしい山小屋が沢山あるおかげで
私にも登ることができますしね~大好き)
Commented by akanezumi1984 at 2009-11-19 22:19
nabeさん、試験お疲れ様。
ケーキに誘われるあたり、nabeさんらしい(笑)二週に一度荷揚げヘリ。
途中の小屋まで荷揚げケーブルがあるのに仰天しました。普通ありえな
いですもんね、山でケーキ食べ放題やスイカなんて。
by akanezumi1984 | 2009-11-11 15:14 | ほかの山 | Comments(23)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30