なかなか充実

金曜午後から土曜早朝まで旅館のお手伝いをして、今朝はそこから博物園へ。
朝の打ち合わせでは、おいらは午前と午後のフリー案内担当とのことであったが、
午前のお客様なし。予約のお客様も午後からだけだったので、みんなで水源地
(博物園に水を引いている湧水)のメンテに。
いつものトレイルをくま手、デッキブラシなど担いで進む不思議なご一行様に(笑)
f0118332_20414334.jpg

足場が悪い、暗い、作業に突入したら手袋がドロドロでカメラに触れなくな
る・・・で、ほとんど写真が撮れませんでした。この写真ではわかりにくい
けれど、取水地にかけたネットをひっぺがし、大量の枯葉ごと引き寄せる様
はまるで地引網のようでした。
枯葉や水草、コケ、泥だけなのに、なぜか非常に生臭かった。
大量の枯葉、泥、がっちりネットに食いついた根っこをみんなで除去。
全身泥まみれになったものの、けっこうおもしろかった。
使用前、使用後の写真も取ればよかったなぁ。
作業終了して帰る途中、みんなで木登りしやすい木や、腰掛けてゆすって
遊べる木などチェック。
f0118332_2042371.jpg

午後からの案内でさっそくお客様に楽しんでいただきました。
熟年ご夫婦だったけれど、なんでも積極的にトライしてくださって、案内し
がいがありました。
午後のフリーのお客がいなかったら、団体案内にまわる予定だったけれど、
おかげでのんびりたっぷりと森を味わえた。(団体さんはスタートが一時間
遅かったので時間不足で木登りとかできなかったらしい)
f0118332_0235894.jpg

ほとんど落葉したり、葉がちりちりに枯れてしまったけれど、ぽつん
ぽつんときれいな葉が残っている。
残りわずかとなったヤマブドウやコクワの実も、葉っぱがなくなったおかげ
で見つけやすい。
でも、大豊作なミズナラのどんぐりは、あれほど道にびっしり落ちていたの
があらかたなくなりました。動物たちが食べたり、どこかに溜め込んでいる
のでしょう。
ツグミの声が冬の到来を告げています。
by akanezumi1984 | 2009-11-01 00:27 | つぶやき | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984