退散

f0118332_1519447.jpg

雨が降ったり止んだりで、結局ほとんど小屋の窓からの観察となった
が、雨が止んでいる隙に案外動きがあり、データはとれた。
しかし、午後からはひどくなる一方で、小屋の中にいても吐く息が白い。
雨が霙になり、3時頃には霰になって一時木道や舗装路が白くなり、
こりゃやばいか?と撤収開始。
駐車場まで戻ると、その上空だけぽっかりと青空になり、ん?まだできる?
と双眼鏡持ってうろうろしていたら、また霙と霰が・・・やっぱり止めよう。
4時までもつかもしれないが、降るときは一気に積もるから、そうなったら
もう手遅れだ。くねくねの細い下り道をおっかなびっくり帰るのはやだもん
ね。安全第一。
Commented by ヤマボウシ at 2009-10-20 20:57 x
寒くなり大変になってきましたね。

こちらも側溝に霰が溜まっていました。
例の展望台定点付近のダケカンバ葉っぱがありません。

風邪ひかないでね。
Commented by akanezumi1984 at 2009-10-20 21:52
山はいつ雪になってもおかしくない時期ですね。明後日からまた現場ですが、今度は標高低いから安心です。
ヤマボウシさんとこの芋煮は豚と味噌かな?
by akanezumi1984 | 2009-10-19 15:19 | つぶやき | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984