7/28月山の花たち

f0118332_11385370.jpg

左上からアオノツガザクラ、アカモノ、ミヤマリンドウ、ウメバチソウ
f0118332_1139237.jpg

トウゲブキ、トモエシオガマ、コバイケイソウ、モミジカラマツ、ハクサンフ、
ウロ、マルバシモツケ
コバイケイソウの蕾は、ホワイトコーンみたい。まだショウジョウバカマや
オウレンやヒナザクラなんか咲いていますが、オヤマリンドウやウメバチ
ソウ、ミヤマアキノキリンソウなども咲いて、早くも夏の終わりを予感する。
f0118332_11433775.jpg

イワショウブとヒメイワショウブ。ヒメイワショウブは小さくて目立たないし、
群落にならないけれど、なんだかほっとけない感じ(笑)
f0118332_1145023.jpg

チングルマ。開く前の蕾の表情も、よく見るとおもしろい。
f0118332_1146466.jpg

この日の主目的はチシマギキョウ。地面からいきなり大きな花をつけます。
この深い色がガスの中でも際立ちます。
f0118332_11473794.jpg

まだ早いだろうと、期待せずに一応確認だけ・・・と探しに行ったら、もう
咲いていてびっくりのトウヤクリンドウ。昔はお盆近くに見ていた気がするが。
f0118332_11502564.jpg

神社下の雪渓でちびうさ奉納。この日は、ある方の回復祈願をしました。
f0118332_11514510.jpg

夕方から雨の予報に反し、日中降ったり止んだりだったのが、夕方近くに
なって晴れてきて・・・天気予報通りにはいきませぬ。特に山。
f0118332_11525027.jpg

3月4月の午後遅い時間の光で見る姥方向が好きでしたが、この時期も
なかなか。
f0118332_11535660.jpg

なんだか帰るのが惜しいくらいに天気回復。途中、雲のすき間から鮮やかな
夕焼が見えたのだけれど、車を止められそうな場所からは障害物でよく見えず、
撮影のタイミング逃しました。

さて、花はあらかた見たけれど、オゼコウホネがまだ残っている。往復縦走は
時間がかかるから、できれば一日雨が降らないときに行きたい。
しかし、ぐずついた天気がまだまだ続くようで、困ったもんだ。

蛇足・・・日曜のツアー登山のお客様にイワイチョウの説明をしていたら、「あら
お相撲さんの頭と同じ」と。それを言うならオオイチョウ(笑)

Commented by マルゴ at 2009-07-29 21:46 x
こんばんは。
山の天気は行ってみないと分かりませんね。
雲海の上にポッカリ浮かんだ山頂を見た時は、「しまった、行けば良かった!」と思いましたよ。
ウメバチソウの蕾はお供えの饅頭のようでカワイイですね。
ヒメイワショウブは知りませんでした。イワショウブを見たら意識して探してみます。
来週こそ晴れて欲しいです。
Commented by akanezumi1984 at 2009-07-29 22:17
マルゴさん、こんばんは。
リフトでざんざん降りになったときは、「しまった、来なければよかった」と思いましたけどね(笑)
ウメバチソウの蕾、おいらは真珠のように見えます。コバイケイソウはホワイトコーン、マルバシモツケは星型に見えてかわいいです。
ヒメイワショウブは、小さくて群れないので気づきにくいかもしれません。でもイワショウブとは全く花の雰囲気が違うので、わかりやすいですよ。
よく見かける黄色っぽいふさふさのスゲの名前、ご存知でしたら教えてください。
山頂付近は一度端境期の様相でしたが、またきれいになりました。
Commented by マルゴ at 2009-07-30 07:18 x
おはようございます。
山頂のお花畑、楽しみですね。
ふさふさのスゲは、オクノカンスゲと思います。
やや幅広で断面がM字型の葉が特徴だそうです。
Commented by akanezumi1984 at 2009-07-30 08:28
マルゴさん、おはようございます。
カンスゲかなと思っていましたが、検索するとどうもふさふさ感の違う写真ばかりで自信がなく、尋ねてみました。
オクノカンスゲ。ありがとうございます。葉の形状も今度気をつけて見てみます。
by akanezumi1984 | 2009-07-29 11:57 | おらいの山 | Comments(4)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30