山は歩いたけれど写真なし

昨日に続き、同じお客様の案内。今日は月山縦走(羽黒側~湯殿山へ)
山頂までは強風とガスだったが、下り始めたらすうーっと晴れて景色が
見られた。時折ぽつぽつきた程度で、順調に下山できてやれやれ。
なにせ時間に追われるツアー登山。ちょうど山頂がガスと強風だったから
トイレ休憩だけでスルーすることをあっさり納得してもらえたけれど、晴れ
ていたらどうなっていたのだろう?
ちゃんと歩けるお客様たちなのだが、団体というのは、小さな積み重ねで
時間のかかるもので、朝めちゃめちゃ早くから出発しているのに、予定よ
り出発が送れ、なんやかんやで帰りが遅くなっていくものですなぁ。

時間の都合で、弥陀ヶ原は最短ルート、寄り道禁止。オゼコウホネ
は見られず。山頂もトイレ休憩と小屋の看板前の記念撮影だけ。
ちょうど山頂まではガスと強風だったから、お客様も納得してくれたものの。
晴れていたら、下山時間はもっと遅れていたかな?

とりあえず、ルート上の花は見られるので、ちょうどチシマギキョウの満開
に立ち会えた。あらためて写真を撮りに行きたいのだが、しばらく天気悪そ
うだな・・・
Commented by nabe at 2009-07-26 22:18 x
お疲れ様です!
ツアー登山だとトイレひとつとっても大変ですよね。

以前中級クラスの山で実は捻挫してるんだけど、
どうしても登りたいから着ちゃったと言うお客さんが。
添乗員が下山命令しても着いてきちゃって、結局付きっ切りに。
そんな時に道迷いしてしまってツアーの他のお客さんが大変だったことがありました。

無事にみんな下山できてよかったです~お疲れ様でした。
Commented by akanezumi1984 at 2009-07-26 23:41
nabeさん、大変な目にあいましたね。
今の気持ちだけで、その先数時間後どうなるか、他の方に影響しな
いかを考えないのでしょうかね。
今回、一人運動靴の男性がいて唖然としました。雪渓があるのに。
まぁ、天候も予報がいいほうに変わったので、なんとかなりましたが。
ずっと雨だったら・・・雪渓が例年通り残っていたら・・・

どうしようもなかったのですが、女性陣ばかり狙ったように瞼が
腫れあがったのはお気の毒でした。昨夜は2人か3人だけと思って
いたけれど、4人やられてましたねぇ。しかも両目の方も。
昨夜冷やして一度ましになったのが、今日一日歩いて、また腫れ
がひどくなり、ほとんど目が開かない状態でよく段差のきつい道を
下れたものだと・・・

昨日足を痛めた二人(一人はホテルの部屋で足指がぐぎっとなっ
たとか??)は自主的に今日は湯殿山参詣だけにされたので、
歩き組は順調でした。みなさん、こんなふうに自己管理できると
よいのですけどね。
by akanezumi1984 | 2009-07-26 21:59 | おらいの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30