ヒメサユリに会いに

東京の友人に、今ならヒメサユリがきれいだよ、とそそのかしたら釣れました(笑)
せっかくだから、できれば大朝日に登りたい、おいしいものも食べたいということで、
大井沢に一泊して日帰りで大朝日の予定を立てた。
f0118332_2226417.jpg
f0118332_22261350.jpg

その前に、紅花祭りに寄り道。
地元民であるおいらも行ったことなかったので、どんなものかと・・・
宿でおいしい夕食をとりながら、おしゃべり、おしゃべり。これもご馳走。
f0118332_22303753.jpg

朝5時に宿を出発。古寺からのピストン。大朝日まで弟分も同行(やつは、
山中二泊で祝瓶まで行って戻ってくると!)。
f0118332_2235867.jpg

f0118332_2236029.jpg
f0118332_22361289.jpg

いやはや暑くて汗だくですが、きれいな花が次から次に現れ、ご機嫌で
進む一行。お目当てのヒメサユリもばっちり最盛期。
f0118332_22383977.jpg

f0118332_22482443.jpg

f0118332_22385838.jpg

雪渓が苦手な友人も、この平らな雪渓なら余裕。
大朝日の手前で、下山してくる男性に見覚えが・・・もしかして?と声をかけ
てみましたらば、やはり昨年とある山をごいっしょしたことのある方でした。
f0118332_22395634.jpg

三人で、今日歩いて来た道を眺めながら、大朝日山頂で昼食。
心配していた雨も降らず、この後逆に一時青空でした。
のんびり昼食後に、弟分は角楢小屋に泊るといって、駆け下っていった。
ここまでのんびりペースに同行してくれて、ほんにつきあいのいい奴である。
明日は祝瓶から大玉山のルートで戻るのかな?下山は日暮沢の方が便利
だろうな。
あねご二人は、のんびり来た道を下山。汗みどろになった体を温泉でさっぱり
させ、冷たい山菜蕎麦を食べてから帰宅。途中、轟く雷鳴、派手な稲光の
お見送りを受けて帰宅。こりゃ今晩はパソコン使えないかな、と思ったら山形
は雨も降ってないし、静かなもので・・・
お腹いっぱいで帰宅したはずが、ほんの数本とってきた竹の子を、今年最後か
ねと焼いて食べ、ヨーグルトも食べ、コクワ酒をほんの少し飲んで、満足満足。
Commented by マルゴ at 2009-07-08 08:30 x
ひょんな所で名前を呼ばれて慌ててしまいました。(笑)
素晴らしいヒメサユリと大朝日の眺め、お友達に感謝です。
樹林帯は蒸し風呂状態でしたね。
帰りに地蔵峠で土砂降りになったので心配しましたが、大丈夫だったようですね。
お疲れさまでした。
Commented by akanezumi1984 at 2009-07-08 21:12
マルゴさん、こんにちは。
こちらは、強力な晴れ女といっしょだったので、なんとなくぽつぽつきてる?と思ってもまた晴れ、車での帰路も道路がびっしょり濡れているので「いつ降ったの?」でした。
西川町は道路が乾いていたのに、蕎麦を食べて店を出たら道路がびっしょり。あれれ、食べている間だけ降った?というような感じ。
その後寒河江通過中は派手な雷雨でしたが、山形に着く頃にはまた晴れて、全く体は濡れずに帰りました。
恐るべし、晴れ女効果!でした。
Commented by nabe at 2009-07-09 14:58 x
大変お世話になりました~
晴れ女健在!でよかった。かなり体力的に心配だったし。
美味しいもの・きれいなものをいっぱい吸収し、
今年後半はいいこといっぱいありそうです。

またまたよろしくお願いします~
Commented by akanezumi1984 at 2009-07-09 18:02
nabeさん、晴れ女効果素晴らしかったですよ!
弟分はあの後ずっと雨にたたかれっぱなしだったようです。

体力は、ゆっくりペースなら問題ないですね。
またぜひいらしてください。晴れ女大歓迎(笑)
by akanezumi1984 | 2009-07-07 22:45 | ほかの山 | Comments(4)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー