やっと月山だよりらしく

f0118332_1331415.jpg

6/12の月山だより。

月山だよりというタイトルながら、3ヶ月あまりほとんど山に行けなかったが、完全
復活です。(たぶん)
5日にも行ったけれど、柴灯森の手前まで。しかも、稜線はガスでホワイト・アウト
だった。よく知っている山といえ、この時期まだガイド・ロープはなく、道もところど
ころしか出ていないので、ひやりとするくらい何も見えなかった。
昨日は天気がよくて、全くなんの問題もなく、一日山を楽しむことができました。
f0118332_13341690.jpg

リフトにも今季初めて乗りました。来週架け替えがあり、それ以降は下りも乗
れるようになります。姥を巻いて姥沢小屋に出るコースは、急斜面のトラバー
スが続くので、使わないほうが無難です。
姥の大斜面はまだまだ大雪渓ですが、沢コースはだいぶ薮が出てきました。
沢コースを歩いて下るのも、そろそろやぱい?ま、今回は装束場を下るので
問題ありませんが。
f0118332_13374919.jpg

朝一よりも、空の色が少し薄くなりましたが、きれいに鳥海山が見えました。
f0118332_13494815.jpg

シラネアオイ街道。最盛期でしょうか?
f0118332_13505339.jpg

毎年同じ場所で、同じカットで撮る。今年は雪が少なく、ミネザクラは散って
しまった。サクラとシラネアオイの2ショットはなかなか難しい。
f0118332_13523423.jpg

エゾイチゲ、エゾエンゴサク(ブナ林の花混じっちゃった)ショウジョウバカマ、
ハクサンイチゲ
f0118332_1354510.jpg

いいでしょー?気分爽快です。
f0118332_13552593.jpg

オウレン、コシジオウレン、チングルマ、ベニバナイチゴ
f0118332_1356295.jpg

コメバツガザクラ、ミネズオウ、クロユリ(蕾一個発見)ヒナザクラ
f0118332_13572939.jpg

昨年11/11以来、今年初めての山頂。やっと来ることができました。感無量。
ここ数年はスキー場オープン前にわざわざ志津から歩いて山頂踏んでい
たけれど、今年はずいぶん遅くなりました。
また来ることができるようになったことを神社に報告。感謝。
カヤクグリのカップルが神社周辺で仲むつまじい。今年もイワヒバリだめか。
昨年から二年続けてイワヒバリが確認できない。月山のイワヒバリ絶滅?
f0118332_1414473.jpg
f0118332_1415466.jpg
f0118332_142692.jpg

ちょっと・・・いや、相当、東斜面バックボウルに吸い込まれて行きたい衝動
にかられ、実際尻滑り体勢に入っていましたが、ロープ張り作業と思われ
る男性数人が近くに現れ、思いとどまりました。相棒に言われた「今年は
気をつけないと。八方塞の年らしいよ。」の言葉が脳裏をよぎったし。
おとなしく雪だるまを作ることにしましょ。
f0118332_1451554.jpg

ひさしぶりのちびうさ。
f0118332_1461347.jpg

まだ半分埋もれた胎内岩。お参りした後、ちびうさも仲間に入れてもらい
ました。お地蔵さんたちといっしょに山に来る人たちの安全を守っておくれ。
なぜか上空を県警へり「もがみ」が。おいら遭難してませんから(笑)
f0118332_14876.jpg

尻滑りはしないつもりだったのに、牛首の上の緩斜面をちょっとだけだか
らと滑ったら、牛首から四谷への大斜面ドロップの誘惑に勝てず(笑)
脳に悪いしー!と思いながら、シャーッ!と。痛快でございました。
登りかえして登山道に戻り、後はおとなしく(ほんとです)装束場コース
下山。5時まで博物園につかないと心配されるといけないので、いつも
は間に合いそうにないと途中から小走りして時間ぴったりに帰るのだが、
装束場の池でクロサンショウウオに癒されまくり、ほわわーとした
気分で下っていたら、走る気分にならず、20分ほど遅刻。もう誰もいなか
ったので、山頂をヘリが飛んでいた理由も聞けなかった。

一日天気がよく、のんびり山にどっぷり浸れた。なんていう幸せ。
一人で気ままに歩き、いろいろな生き物に出会い、心地よい疲労感に包ま
れ満ち足りて下山する。
ようやく自分らしい時間を過ごすことができたなぁ。
ようやく、月山に帰って来たなぁ。
Commented by 鯛金 at 2009-06-13 14:14 x
おそよう!
月山便り復活おめでとう。
これから山がどんどん変わっていくのが追っかける楽しみの一つ。
スカッと晴れて山々が青く遠望が効きましたね。
月山も綺麗に見えました。
きっと目と目が合ってましたよ。笑

私は鳥海山の850m付近にて藪を漕いでいました。
Commented by akanezumi1984 at 2009-06-13 14:19
鯛金さま。やはり出動していましたか(笑)
まだ更新の途中でした。コメントいただいてからさらに画像追加してありますよ。
獲物はがっつり?あだりまえだってがー。
Commented by ケモ at 2009-06-13 17:40 x
あかねずみさん、復活おめでとう!
まぁ、文面も活き活きしているね(笑)楽しくウキウキした感じがこちらにも伝わってきました♪
またちょっと違った目で月山を見られるかもね。

お花もたくさん出てるねぇ〜。
こちらは高山植物にはまだ早いので、イワガラミやツルアジサイなどのアジサイ系が
目立つよ。あ〜、月山良いなぁ。
これからも月山の報告楽しみにしているよん。
Commented by akanezumi1984 at 2009-06-13 20:49
ケモさん、いらっしゃいましー。
ぐっふっふ。ウキウキ感伝わりましたか?思うつぼですね(笑)
高山植物はまだですか。ずーっと南なのにね。なんとなくきっかけがつかみにくいから?新緑は早いのにねぇ。不思議。
こちらはとにかく雪が解けたら咲くどー!って感じですから。
そのかわり、雪解けが遅いところは、秋になってやっと咲いていたりして、もうすぐ雪が降るのに・・・と、けなげさにじんときますだよ。
Commented by SONE at 2009-06-13 23:38 x
やっとご自分の世界に戻れましたね。いろいろな心労が重なって大変だったでしょうけど、心を癒してくれるのは馴染みの山が一番!
私が登った10日前より一段と花の種類&量が増えてきましたね。
例の面々でまた登ってみたいですね(笑)
Commented by akanezumi1984 at 2009-06-14 06:42
SONEさん、本当に「やっと帰ってきた」と、しみじみ喜びを感じた一日でした。
基本的には一人で花や生き物に足止めくらいまくりながら歩くのが好きですが、たまには仲間とわいわいも楽しくていいですね。
いやー、あの面々で歩くのは、楽しくて笑いっぱなし確実ですから、ストレスで縮んだ寿命が確実に伸びることでしょう。
笑うと免疫力アップしますからね。
一人歩きも楽しいけれど、にこにこする程度で、いくらなんでも大笑いはしませんから(したら怖い!)
by akanezumi1984 | 2009-06-13 13:38 | おらいの山 | Comments(6)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30