なにをしていても

f0118332_21131964.jpg

こんな晴れの日は、布団たたみをしていても、掃除をしていても、気持ちの
よいものです。
バイトの場所は志津でしたので、仕事の合間に、行き帰りの道中に、白い
山と蒼い空、柔らかな色彩の新緑、ふうわりと色を添えるヤマザクラを目に
することができた。
仕事が終わってから、博物園に顔を出し、少しだけ雪つつき。
この時期は、落とし穴だらけで危ないので、しょっちゅう見回りして危険箇所に
ロープを張ったり、踏み抜き危険な場所をスコップで崩してしまう必要がある。
スノーブリッジの突き崩しは、もろとも落ちる危険性もあるが、無事終了。
昨日は知人が落ちてしまったらしい。
「○○さん、雪つづいでで、かぶたれしたっけど」なんて言われてしまう。
本流でなくても、この時期は水深も深く、勢いがあるので、へたすると笑い
話ですまなくなる・・・

自分の楽しみのための山は封印しているが、こういうお手伝いの作業を少し
するのはかまわないでしょう?

by akanezumi1984 | 2009-05-05 21:13 | つぶやき | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984