時にはうそも必要

兄のマンションの管理組合がみずほ銀行限定のため、管理費・修繕積立金
の引き落し用に入金するため、山形に一つしかない支店へ。
さすが、一つしかないせいか、ATMは行列。先に郵便局で用足し。通帳しか
なくて不便だったので、カードの申請。けっこう時間がかかりました。

ついでに、88歳の親戚(大王様のいとこ)のところに、大王さまからと言って
差し入れ。本来なら、親戚なのだから、うちの不幸のことは連絡すべきなの
だろうが、もう88歳で葬儀やお参りは無理。でも知ってしまえば書留で香典
を送るに違いないので、わざと知らせていなかった。
しかし、近々大王様の兄の三回忌で集まることになっているので、そのときに
「なんで大王様は来ないのか」と聞かれたら困るから、事情を知らせておいて
くれと、叔母に頼まれ、うーむ・・・
結局、大王様は足が痛いから、本来の命日(法事はかなり早めた日程)のあた
りにお参りに来ることにして、今回の法事は欠席なのだとうそをつくことに。
差し入れの御礼で、実家に電話がきても、口裏を合わせてくれるよう、大王さま
に電話したが、大丈夫かな?話し出すとうっかりもらしてしまいそうで不安だが。
by akanezumi1984 | 2009-04-30 18:13 | つぶやき | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984