祝日だったっけね

水曜日だけど、今日って祝日で世の中お休みの日だ・・・と昨夜気づいた。
会社員だった頃は、祝日のある月は楽しみだったのに、忘れてるし。
人が多いか?と思うも、天気よさそうなので山へ。
f0118332_085274.jpg

やはり曜日関係なしの仏様と、ゴガラミ経由で姥沢へ。神様は一週間前
の怪我で、まだ山に出入り禁止。クマ棚見つけては、クマみたいな神様を
思う。
f0118332_0114975.jpg

姥沢と湯殿。朝は空が白かったし、晴れ後曇りの予報で、昼には曇ると
いう見込みであったため、湯殿山や姥山頂まで行かなくてもいいや、と
判断したのだが、予想より天気がよく、ちょっとだけ湯殿山に未練・・・
姥沢で昼食にして、まだ姥山頂に行けなくもないかとも思ったが、けっこう
人が入ったようだし、暇人は土日祝日以外の快晴を狙えばよいのじゃ。
f0118332_0152392.jpg

姥沢で昼食のとき、勝手に利用させていただくことが多い、やつなみさん
の軒下。なんと、コンクリートが露出していた。こんなの見るの初めて!
暖冬ですなぁ。
f0118332_0163179.jpg

視点を変えると・・・こんな木あったっけ?
f0118332_0174532.jpg

姥沢ロッジ裏から、てんでにドロップ。まるで春のように、歩きやすい
林間を駆け下ると、あっという間に大門海。ルート取りは違うが仏様も
同じあたりに滑って来ていた。まだまだ天気がよく、このまま帰るのは
もったいないので、おいらだけ丸森山に寄り道。
f0118332_0205975.jpg

美しーい湯殿山バックに今日のお仕事。
f0118332_0214439.jpg

周海沼に下り、しばしほうけておりました。静寂。陽だまり。誰もいない
森を足早に帰るのは惜しい。でも歩き出すとどんどん進んでしまうから。
f0118332_0235968.jpg

我に返ってから、オコジョの足跡などしばし追跡。すると、不自然に突き
たつ太い枝。振り仰ぐと高いところに生々しい折れ痕。こんなのが頭に
落ちてきたら即死だぁ。
f0118332_0263018.jpg

名残惜しくて、まだまだ森にいたかったけれど、ちょっとお腹が痛くなって
きたので、しぶしぶ下山。車止め近くの木にレンジャクの群れが。
チーリーという鳴き声、ぷっくらした体つきや色。好きな鳥です。
Commented at 2009-02-12 22:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by akanezumi1984 | 2009-02-12 00:28 | おらいの山 | Comments(1)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984