湯殿山

天気予報では、そんなに期待していなかったのだが・・・(晴れても空の色
薄いだろうし、昼過ぎには曇るのではと)
山形を出るときには、空色薄めでしたが、着いてみれば紺碧の空!
うわ、もっと朝早くから出ればよかったー!!志津着10時20分。最後尾。
なんと、15台も車があってびっくりだ。まるで3月の様子だよ。
f0118332_1114045.jpg

カラマツ林でエナガを狙ってみたが、ぶれぶれです。動き回るからなかな
か撮れません。
たいていのスキーヤーは姥に向かうので、静かな右岸へ。
重いラッセルで、単独ではあまり高いところには行けそうにないが、
会長ラッセルが湯殿に向かっていたので、使わせていただく。
f0118332_1152168.jpg

快晴無風で、暑い。トレースを利用してラッセルは免れているが、スノー
シューだと、スキーのトレースからさらに少し沈むので、だいぶ楽では
あるが、汗をかく。森林限界の少し下で12時。お腹がすくと急斜面が
登れないので、昼食。
f0118332_1184419.jpg

対岸のコメツガのちびモンスターを望む。
稜線に上がると、会長ではないスキーヤーの方が。そういやストックの跡
が二人分あったな。ほどなく、ドロップしていた会長が登り返していらした。
トレースがあったおかげでここまで楽して登らせていただきました。ありが
とうございました。
f0118332_1191726.jpg

もう山頂まであとわずかですが、お二人はここから東斜面の滑りを楽しみ、
山頂には行かないとのことで、少し登ってから、振り返ってお二人が滑る
のをちょっと拝見。(初めて動画を撮ってみたけれど、ここに貼れるかどう
かわからない)
f0118332_1254518.jpg

ノートラックの稜線をあと一息。いつもと違う形になっていて、最後のと
ころが壁になっていて、無理やり登った。
f0118332_1281538.jpg

湯殿山頂から月山山頂方向を望む。
f0118332_1292929.jpg

f0118332_130718.jpg

今年丑年ご縁年の湯殿山神社が、下に小さく見えます。
f0118332_1305772.jpg

東、南面はつるりんとしていますが、西側はいつもバリバリのゴツゴツ。
f0118332_132574.jpg

西の平方面。
f0118332_1322954.jpg

湯殿山頂から装束場へと続く尾根には、不気味なクラックがありました。
そのうち雪庇が大崩落するのだろうか・・・
f0118332_1333331.jpg

この滑らかな襞がたまりません。なまめかしいー!
f0118332_13587.jpg

山頂は雪がさらさら過ぎて全く握れないので、少し下った稜線でちび雪
だるま。もう二時過ぎてますが、天気もってますなぁ。とってものどかだ
けれど、下で銃声が何度か聞こえていた。(今日は清水屋さんではなか
ったようだ)
新しいスノーシュー、登りは問題ないが、急な下りはテールが長い分、踵が
浮いてしまい、前が刺さって非常に歩きにくい。好天過ぎて、森林限界あた
りから雪が腐り、スノーシューの上に雪がのっかり、踵の下に固まり、数歩
ごとに叩き落さないと、鉄下駄状態。まぁ、これは雪質の問題でシューのせ
いではないが。
森歩きならいいが、上に登るときはデナリの方を使わないとだめだなぁ。
壊れかけているから、歩いている途中でバラバラにならないように手を
打たねば。
Commented by 山オヤジ at 2009-01-19 09:04 x
 情報感嘆。悔しいが都合で行けなかった。すごいなあー。
Commented by akanezumi1984 at 2009-01-19 11:26
山オヤジさまは、娑婆用がありましたか。
勤め人の方と違い、お互い時間が自由に使えるとはいえ、100%自由ということはありえませんからね。
なにか用事のあるときに限って、めったにない好天にあたってしまうことは少なくありませんよね。
調査の仕事をしていたときも、水曜あまりにも天気がよく、月山も鳥海山もそれは素晴らしく見えていて、なんでこの日に仕事なのかと思わないでもありませんでしたが、こんなにすぐまた快晴の日が訪れるとは!
ラッキーでした。次はいったいいつになるのやら?
Commented by ファーマー佐藤 at 2009-01-19 12:54 x
 鳥海山からも月山が見えましたよ。って、当たり前か。(^^;

 そういえば冬の湯殿山には一度も登ったことがないので、地図を見てみました。
美味しそうな斜面ですね。博物園の先から沢を越えて尾根に取り付くんでしょうか?。
ぜひ行ってみようと思います。

 でも、東斜面は雪崩れそうな感じですね。
Commented by akanezumi1984 at 2009-01-19 14:52
朝のうちは、鳥海山が見えていたのでしょうね。こちらは出が遅くて、山頂についたときは既に鳥海山は陰も形もありませんでした。
湯殿山の行き方はその通りです。ルート取りはいたって簡単です。
で、東斜面が危なそうなのもその通りです。何年も前に始めて東斜面にスキーヤーを見かけたときは、「なんてことするんだ!」とびっくりしましたが、このお方に関しは、長年冬中毎週姥西か湯殿東を滑って熟知の上のことです。ほかの人は真似しないほうがよいでしょう。
Commented by ファーマー佐藤 at 2009-01-20 21:05 x
 了解しました。テレマークの達人、nさんですね。真似しないようにします。

 姥ヶ岳~湯殿山~博物園というコースも良さそうですね。
明日行きたいところですが、靴を直さないと……。(^^;
Commented by akanezumi1984 at 2009-01-21 00:58
スキー場がオープンすると、車で姥沢まで行って、リフト使って、姥ヶ岳な簡単に登れるので、そのコースに人が増えます。
博物園から登ると、人っ子一人会わず、やっほーと喜んでいると、湯殿山頂に着いたら20人近いツアースキーヤーいたりして、げげげっ!とかいうことがありますので、スキー場オープン前に楽しみましょう。
おいらのスノーシューも最近履いている方は、テールが長すぎて急斜面の下りには向かないのが判明。でも、前から使っていたほうのは、壊れかけているんですよね。あとどれくらい耐えうるか・・・
by akanezumi1984 | 2009-01-19 01:28 | おらいの山 | Comments(6)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31