もう一台あるのだ

Caplio君は検査入院となりました。とりあえず診断と治療費の見積もりで
一週間とか10日とかかかるようです。
でも、カメラはもう一台あるのだ。
雲の切れ間があるので、ちょっと夕焼狙いで近くの公園に午後遅く出かけて
みましたが、夕焼撮る前にバッテリー切れ・・・
夕焼以外の写真をいくつかアップ。
f0118332_002516.jpg

f0118332_005991.jpg
f0118332_011481.jpg

珍しくダイサギがいました。コサギは10羽近く塒にしているけれど、
ここでダイサギを見たのは初めて。でかい・・・
f0118332_022852.jpg

巨大な松ぽっくり。ドイツトウヒとは形が違う。これはなんでしょう?
触ると簡単にバラバラになるのでびっくり。
f0118332_033641.jpg

月のクレーターが肉眼でもわかるくらいでしたが、このカメラではあまり
鮮明には撮れません。
f0118332_042512.jpg

マメガキ拾い食い(笑)水っぽい干し柿の味がします。
f0118332_051126.jpg
f0118332_052496.jpg

この一角は、カラス、ヒヨドリ、ツグミたちがそれぞれに群れて、それぞれ
に声の限りに叫んでいて、大音響。どうしたっていうんだ、まったく・・・
同じ木に群れているカラスでも、違う種類の鳴き声がするので双眼鏡で
見てみると、ハシブト、ハシボソが混ざっていた。ミヤマの若も少しいる
ようだ。
遅い時間に行ったせいか、キツツキ類、カラ類には当たらなかったが、
最後にカワセミが見られて、ちょっと嬉しくなった。若鳥で色はくすんで
いるが、背中のブルーだけは鮮やか。
途中でバッテリーなくなり、夕焼は撮れなかったが、いい散策でした。
Commented by nora at 2009-01-08 01:11 x
おはよぅーございましゅぅー。
カメラ簡単に退院できると良いですね。
マメガキ葡萄かと思いましたぁー。
Commented by E子 at 2009-01-08 09:27 x
ヒマラヤスギ、ヒマラヤシーヤの松ぼっくりでは。
職場で初めて見たとき、小鳥がとまってる!と言ってました。
散歩中、雉をみつけました。彼も散歩中かと。工事中で樹木等が切られ、工事車両が出入りするからか、やせすぎた雉です。食料難かな。
Commented by akanezumi1984 at 2009-01-08 09:56
noraさん、カメラはかなり怪しいです。大きいのを買い換えたばかりなので、ここで出費はしたくないのですが、ポケットに入れて気軽に使える小さいのもないと不便なんですよね・・・
マメガキ、柿色で木になっているときに見たことがない(笑)紅葉の頃にも公園には行っているのに、マメガキのあるあたりは紅葉する木がないから通らないからだな。今年は秋にどんな感じでなっているのか見に行ってみようと思います。
Commented by akanezumi1984 at 2009-01-08 09:58
E子さま。たぶんヒマラヤスギかなと思いつつ、昨夜はめんどうで調べないで書きっぱなしに・・・
さっき調べたら、ぴんぽんのようです。
キジ・・・実際はやせてはいないかもよ。危険を感じたり、警戒していると、ぎゅっと体を細くするから。積雪でエサは探しにくくなっているだろうけど。
Commented by みうら at 2009-01-08 12:25 x
イヌワシですか。海岸線を輪を描いてよく飛んでいますねえ。近場で見たこと無いからわかんねけえ。胸をはって背筋をのばしてかっこいいねえ。
我家の上空で毎日トビが飛んでいます、縄張りなんでしょうね。
前の川には鴨・カモメ・白鷺がよく来る。上流には鴨と白鳥の群れがいる。カラスはそこらじゅう。近くの街路樹にはなんだか分からないがうるさいくらい。鳥の名前はさっぱりだ。
Commented by akanezumi1984 at 2009-01-08 17:46
みうらさん、イヌワシはあまり海岸線では見ないような・・・
とりあえず写真のはクマタカですから(笑)
ピィイイイイーヨ、ピィィイイーーーヨ、と絶叫しまくってやがまし鳥は、ヒヨドリです。
Commented by みうら at 2009-01-08 20:36 x
まちがえたあ~
クマタカ、クマタカ、ですったら。
コメントするとこもまちがえた・・・
Commented by akanezumi1984 at 2009-01-08 23:26
みうらさん、いいんです、いいんです。
みうらさんの縄張りの鳥海では、クマよりイヌの方が一般的だから、ついイヌって出てきたのでしょう。
by akanezumi1984 | 2009-01-08 00:11 | 生き物 | Comments(8)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー